第198回世日クラブ定期講演会DVD

カテゴリ

【演題】日本のエネルギー安全保障と原子力発電の未来と課題
【講師】中村 稔氏(元原子力発電環境整備機構専務理事)
(令和3年10月23日(土)収録)

期間限定特別価格
2,500円 → 2,000円
    (11月末まで)

商品発送は11月8日以降となります。

¥2,000 (税込)
数量
1

こちらの商品はBASEでの購入となります

この商品について問い合わせる

 日本は、元々資源小国でありながら、東日本大震災以降、準国産エネルギーといえる原発の再稼働が振るわず、今現在、先進国の中で突出したエネルギー輸入依存度(90%超)となっている。なおこの脆弱性をかかえ、CO2削減にも取り組むという難題にも直面。中村氏は70年代の石油ショックを受けて、日本が原発はじめエネルギーの多角化、省エネ化を推進してきたことを解説。そしてどのエネルギーをとっても安定・安全・環境適合など全て満たすものはなく、結局ベストミックスこそ肝要と訴え、日頃、あって当たり前で気にも留めないエネルギー問題の大いなる啓蒙となりました。本講演会のDVDを期間限定特別キャンペーン価格にて販売します。この機会にぜひお求め下さい。

《視聴者の声(抜粋)》

・理想目標も重要ですが、具体的で現実的なエネルギー政策を引き出すためにも国民が賢くなっていくことが必要だと感じました。(東京都/男性)

・エネルギー安全保障の問題は国家存亡に関わり、私の生活に直結していることを念頭に置き、考えていこうと思います。(埼玉県/男性)

・長い間疑問であったことが中村先生のお話しで見事に解かれ感動感激でした。(広島県/男性)

・核のゴミの最終処分についてよく理解できました。他人事で済ませず、電気の恩恵を享受してきた者として意識を持ちたいと思います。(岐阜県/女性)

・エネルギーミックスに原発を組み込むことが日本の抑止力(核保有の可能性)に繋がることの重大性を痛感しました。(東京都/男性)

★サンプル動画(約4分)