第192回世日クラブ定期講演会DVD

演 題】中国の内モンゴル自治区における民族浄化の実態
【講 師】楊 海英氏(静岡大学人文社会科学部教授)
【日 時】令和2年10月17日(土)収録

¥2,000 (税込)
数量
1

こちらの商品はBASEでの購入となります

この商品について問い合わせる

 かつてチンギス・ハーンの帝国や中国の征服王朝「元」において隆盛を極めたモンゴルですが、清朝末期に内外に分断され、内モンゴルでの漢人の入植及び同化政策が進んでいます。この8月、世界日報の報道により、中国当局による内モンゴル自治区での母語教育

の廃止の方針が明るみになりました。楊氏は、中国は一方的にモンゴル人の遊牧を野蛮と決めつけ、土地に適さない農耕をゴリ押しし、環境を破壊。文革時に至っては、一説に30万という虐殺を行ったと厳しく糾弾。日本については、清朝滅亡後にモンゴルに対する一貫した政策を取らなかったことを非難しつつも、満洲国における「五族協和」の理念と近代化教育を高く評価。旧植民地でもあるモンゴルに関心を持ち、応援して欲しいと訴えました。

《サンプル動画(4分)》