第172回定期講演会DVD 「世界と日本の水産業からみた豊洲移転問題」

カテゴリ

元国際捕鯨委員会(IWC)日本代表代理、元国連食糧農業機関(FAO)水産委員会議長、元インド洋マグロ漁業委員会日本代表として、世界を相手に水産行政に携わってきた小松氏。築地から豊洲移転に伴い、日本の水産行政改革を提言する

¥2,500 (税込)
数量
1

こちらの商品はBASEでの購入となります

この商品について問い合わせる

 小池劇場によってクローズアップされた築地移転問題。ただ、本質論を差し置いて、ワイドショーを賑わすだけのレベルでは悲劇というほかない。本質論とはズバリ、衰退するわが水産業をどうするのかということであり、これは世界に誇る日本の食文化を揺るがし、私たちの日々の食卓を脅かす問題。小松氏は豊洲移転を支持しつつも、中央卸売市場自体の存在意義を問うとともに、旧弊を打破し、諸外国に倣って自由で公正で儲かる水産業を提案され、会場を沸かせました。