第191回 世日クラブ定期講演会オンライン  開催!!


新型コロナ情報戦 中国、通常の300倍発信

デジタルリスクを詳細に解説

 新田氏は、中国のSNS戦略について、「新型コロナウイルスで世界から批判を浴びたが、逆に中国勝利のシナリオに書き換えた」と指摘。世界中の中国大使館員らがツイッターで「『米生物研究所から流出した』など、通常の300倍の情報を発信した」と明らかにした。またイタリアが大きな被害を受けた際、中国が物資や薬を大量に送り支援したことについて「ロシアのやり方を学び、中国がいかにコロナ対策に秀でているかを(国際)社会に刷り込んでいる」と述べた。

 新田氏は、米国が最近まで中国の情報窃盗やスパイ活動に危機感を抱かなかったことに触れ「日本はアメリカよりも前から、中国にサイバー攻撃をかけられたり情報を盗(と)られたりした歴史がある」とし、「その情報をしっかり米に提供していくべきだ」と主張。北朝鮮の拉致問題を知らないG7(主要7カ国)国家の政治家が多いことについても触れ、「日本が国際社会の中で孤立していかないために、情報の発信がとても重要だ」と強調した。

 また、「日本人は民族的に情報戦に向いていないのでは」との視聴者からの質問に対して「実はとても得意だった」としながらも、ロシアや中国では学校教育で安全保障について学ぶが、戦後、日本はそうでなくなったため「情報戦ができない環境になってしまった」と回答した。

「世界日報」2020年8月23日付け1面より抜粋

世日クラブ

「世日クラブ」は、世界日報の愛読者によって、昭和57年5月18日に設立されました。以来、2ヵ月おきに開催される定期講演会を主な活動としております。

0コメント

  • 1000 / 1000