「第199回 世日クラブ定期講演会オンライン」開催のお知らせ

謹啓 初冬の候、皆様におかれましては、ご清祥のこととお喜び申し上げます。世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良〈ゆずる〉・近藤プランニングス代表取締役会長)は12 月18 日(土)、皇學館大学現代日本社会学部学部長の新田均氏を講師として、「皇統を考える~令和時代を生きる私たちの使命」と題するオンライン講演会を録画配信いたします。

 政府の「安定的な皇位継承の在り方を検討する有識者会議」はこの7 月、皇族数の確保策として、女性皇族が結婚後も皇室に残る案と皇族の養子縁組を可能にして旧宮家の男系男子を皇籍復帰させる案の2 案を提起しました。同会議のヒアリングで、21 名の有識者が意見を述べましたが、その一人である新田氏によれば、そのうち、女系天皇を積極的に肯定した4 名に対し、旧皇族の復帰を積極的に肯定した者が9名に及び、その内5 名が女性だったとのこと。これまでの女性宮家創設一辺倒の議論から潮目が変わったと言えるでしょう。一昨年の5 月1 日、即位された今上天皇は第126 代であられます。二千年以上という悠久なる歴史を通じ、万世一系で継承されてきた天皇という世界的に稀有なご存在に今一度思いを致し、令和時代を生きる私たちはいかなる使命をもつのか、新田氏に詳しく語っていただきます。ご多忙中とは存じますが、万障お繰り合わせの上、多数ご視聴下さいますようお願いいたします。